DIVING SERVICE

TATSUKUSHI DIVING CENTER     
                         S-8917

海況情報や生物情報の他、スタッフがその日感じた事や
ちょっとしたイベントなどを載せたログブックです(^-^)

 
 
 2017年12月10日(日)「チャレンジ成功!」 

ポイント:  ホンバエ   水温:19℃ 気温:10℃ 透明度:15m♪

       ユルギイシ  水温:18℃ 気温:12℃ 透明度:15m♪

 ダイビング中はよく晴れて風もなくグッド!コンディション!(^-^)って感じでテンションも上場!今日はチャレンジコースでウミウシ探しますか!って感じで出かけておりました。

 まずはウデフリツノザヤウミウシが出ました。2個体居ましたよ。これで12年連続見られることになります。

 またなんだかよく分からないウミウシも。小さすぎてサガミイロウミウシにも見えますしハナイロウミウシにも見えます。

 アカメミノウミウシやニセハクセンミノウミウシ、ミチヨミノウミウシなども見られました。今日は全部で18種類見つかりました。チャレンジコースでしたが珍しく成功の結果でした☆☆☆

       
       ウデフリツノザヤウミウシ ( Photo by 130Y ) 

       
      ヒュプセロドーリス・クラカトア ( Photo by 130Y ) 

       
          ミナミハコフグ ( Photo by 130Y ) 
 
 2017年12月 8日(金)「昼前から罰ゲーム」 

ポイント:  ホンバエ   水温:19℃ 気温: 9℃ 透明度:15m♪

       ユルギイシ  水温:20℃ 気温:10℃ 透明度:14m

 今朝は雨がしとしとと降っていました。風はなくホッとしてましたが、昼前から冷たい北風がビュービューと吹かれ、道中は罰ゲームでもくらったかのような様でお湯が必携となった一日でした。

 1本目は風がなかったのでホンバエに行くとウメイロの群れが現れてとっても蛍光色で綺麗でした。カスリフサカサゴも19℃でまだ頑張っていました!見える間に撮影しに来てくださいネ♪

 ダイバーの通称だったオランウータンクラブが2匹。ミナミクモガニという和名をもらっていました。

 ウミウシはヒュプセロドーリス・クラカトア、エンジイロウミウシ、ミチヨミノウミウシ、コガネミノウミウシといったものが見られました。今日はお昼が鍋で本当良かったと思う冷たさでした。

       
             ウメイロ ( Photo by Zon ) 

       
           カスリフサカサゴ ( Photo by Zon ) 

       
            ミナミクモガニ ( Photo by Zon ) 

       
          イボイソバナガニ ( Photo by Zon ) 
 
 2017年12月 5日(火)「楽しい海で。」 

ポイント:キンメモドキ村  水温:20℃ 気温: 9℃ 透明度:12m

       ユルギイシ  水温:20℃ 気温: 8℃ 透明度: 7m

 今日は午前中はオニヒトデ駆除。午後からは2本遊んできました。

 すっかり冷たい北風がビュービュー吹いてお湯が必要になりました。海の中もちょっと波のせいか白っぽかったです。

 さてさて、海の中の生き物は賑やかです!まず1円玉くらいのかわいいマツカサウオに出会いました。とってもかわいい!しばらく居着いてほしい!またヘコアユも居ました。20℃になってもカスリハゼ、クサハゼは全然普通に見られ撮影もOKって感じでした。

 少なくなってしまいましたが、なんとかフリソデエビのペアが1組見られました。ウミウシでは、久しぶりにツガルウミウシ属1種3とヒブサミノウミウシが見られ興奮しました!

       
           マツカサウオ ( Photo by Zon )  
   
       
              ヘコアユ ( Photo by Zon )  

       
            フリソデエビ ( Photo by Zon ) 

       
            ヒブサミノウミウシ ( Photo by Zon ) 

       
          ツガルウミウシ属1種3 ( Photo by Zon ) 
      
 
 2017年12月 3日(日)「スタートすると晴れ」 

ポイント:ワレ回廊   水温:20℃ 気温:13℃ 透明度:14m

  キンメモドキ村   水温:20℃ 気温:15℃ 透明度:12m

 朝からしとしと雨が降って予想外でした。でもダイビングをスタートする頃には晴れてきて虹がとってもキレイでした。外洋はうねりがあって少し透視度が落ちてしまいましたが冬らしい海になっています。

 今日もウミウシ探しを楽しみました。とっても小さなキイロウミコチョウをみました。1月ごろからは撮影しやすい大きさになるでしょうか。またタヌキイロウミウシが見られました。先シーズンから各ポイントで姿を見させてくれています。

 サキシマミノウミウシ、ニセハクセンミノウミウシ、コガネミノウミウシとミノウミウシの仲間もいくつか見られました。

       
          タヌキイロウミウシ (`Photo by UDM ) 

       
          サキシマミノウミウシ (`Photo by UDM )  

       
         ニセハクセンミノウミウシ (`Photo by UDM ) 
 
 2017年12月 2日(土)「ウミウシスタートしました!」 

ポイント:日ノ浦   水温:20℃ 気温: 9℃ 透明度:15m♪

     ホンバエ  水温:20℃ 気温:11℃ 透明度:14m

 タキモトスペシャル 水温:20℃ 気温:13℃ 透明度:12m

 今週末は快晴で風もなく最高のダイビング日和です。透明度も冬の透明感がでてとっても澄んでいますよ。

 今日はボートで3ボートのゲスト様とビーチでセルフで楽しまれるグループ様がおいででした。

 ウミウシリクエストでガッツリ見てきたのですが、人気のトウモンウミコチョウや熱帯域で見られるヤマブキウミウシやシンデレラウミウシ、この時期から見られるコミドリリュウグウウミウシも見られました。3ボートで28種類見ました。
ウミウシシーズンがスタートしましたよ!

 セルフチームはトビエイにウミガメを見たとかっ!ビーチダイブで豪華なワイドダイブを楽しまれたようです。ありがとうございました。

       
        トウモンウミコチョウ ( Photo by UDM ) 

       
         ヤマブキウミウシ ( Photo by UDM ) 

       
           モンガラキセワタ ( Photo by UDM ) 

       
         コミドリリュウグウウミウシ ( Photo by UDM ) 

       
           シンデレラウミウシ ( Photo by UDM )

 
  2017年12月 1日(金)「イメチェン」 

ポイント:赤屋根前 水温:20℃ 気温:13℃ 透明度: 8m 

 気持ちの良いすがすがしい天気でした。思ったより風も吹かずいいダイビング日和でした。

 急遽、船をドッグ場にあげれるようになりましたが、海に行くつもりだったので、午前中だけさっと行ってきました。

 爪白の長老コブハマサンゴがどうも呼んでいる様な気がして行ってきましたら、「あ”っ!」って驚く姿になっておりました。

 このコブハマサンゴの存在を知ってからもう11年。コブハマサンゴの頭にはスネ夫ヘヤーの様なスギノキミドリイシが群生しており、コブハマサンゴにとってはあまり嬉しくない事になっていました。

 台風で取れることを期待しましたが今までの台風ではビクともせずだったので、経過を見て11年です。なんと!驚きのイメージチェンジのコブハマサンゴに変身してました。

 これからは前ばかりでなく太陽に向かって上に向かっても成長していってくることを期待しながらまたこの先の長いモニタリングをスタートさせます。

      
        2017年2月16日のコブハマサンゴ 

      
        2017年12月1日のコブハマサンゴ
            
      
            義心丸を綺麗に洗えました!
 
 
2017年11月 
2017年10月 
2017年9月 
2017年8月 
2017年7月 
2017年6月 
2017年5月 
2017年4月
2017年3月 
2017年2月 
2017年1月  
2016年1月~2016年12月 
2015年1月~2015年12月 
2014年1月~2014年12月 
2013年1月~2013年12月  
2012年1月~2012年12月 
2011年1月~2011年12月 
2010年1月~2010年12月  
2009年1月~2009年12月 
2008年1月~2008年12月 
2007年1月~2007年12月 
トップページへ 
 
PIRA