DIVING SERVICE

TATSUKUSHI DIVING CENTER     
                         S-8917

海況情報や生物情報の他、スタッフがその日感じた事や
ちょっとしたイベントなどを載せたログブックです(^-^)

 
 
 
 2020年 5月30日(土)「なかなか出会えないものですね」

ポイント:竜串  水温:20℃ 気温:24℃  透明度:10m

 今月になって何度も竜串湾にイルカが入って来ています。今日も出港前に釣り人から連絡があってゲスト様と行きましたけど、私の船が港に出たぐらいに沖にジャンプしながら出ていったそうです( ゜- ゜;)
 梅雨入り前にいい天気でした。海はまだスッキリしない透明度でした。

       
            セスジスミゾメミノウミウシ 

       
                ヘコアユ 

       
                トラウツボ 
 
 2020年 5月29日(金)「ワクワクだらけの2本」

ポイント:竜串  水温:19~20℃ 気温:26℃  透明度: 9m

 サメが居着いている情報が入っているので、その近くのポイントにワクワクしながら入った1本目。透明度が悪くて諦める。
 グラスボートが休業しているため見残し湾に入る贅沢さ。楽しい2ダイブでした。

       
           ハナゴイ幼魚 ( Photo by Cheechan ) 

       
         ハナガサクラゲ ( Photo by Cheechan ) 

       
       キミシグレカクレエビ ( Photo by Cheechan )
 
 2020年 5月27日(水)「奇岩フェスタの賞品当たりました!」

ポイント:竜串   水温:20℃ 気温:26℃  透明度:10m

 今日は海藻の撮影とサンプル採取のバイトを頂いてみっちり海に入ってきました。しばらくヒイラギモク探しの後遺症になりそうです。

 さてさて、今年の3月20,21日に予定されていた竜串奇岩フェスティバルがCOVID-19のせいで開催が中止になりました。が、#竜串再発見のフォトフェスだけは開催されておりまして、応募くださった方への賞品が本日、実行委員長の西本渡船さんが届けてくれました!
 なんと!かわいい!奇岩フェスティバルのポスターにもなっているデザインのエコバッグですよ~!当たった方(下記に記載)こちらでお預かりしておりますので、TDCにダイビングしに来てくださーい!
 また奇岩フェスティバルは毎年3月には開催してますので、どうぞ!来年もよろしくお願い致しまーす。

       
               調査地を目指して。 

       
            国沢船長も元気いっぱいです! 

       
当選者:130Y様、Yoko様、Tomoko様、Cheechan様、ダイビングショップ1stステージ様、深津様 Shirakata S様
            おめでとうございます!
 
 2020年 5月24日(日)「嬉しいね」

ポイント:竜串 水温:19~20℃ 気温:23℃  透明度:10m

 週末に徐々にゲスト様がおいでくださるので大変ありがたいです。来月になるともう少しダイバー様とご一緒できるでしょうかね。
 ウミウシも変わらず見えます。また水温が20℃になってきたので、カンパチの群れなども見られる様になりました。

       
              カンパチの群れ 

       
         トウモンウミコチョウ ( Photo by 130Y ) 

       
          センヒメウミウシ ( Photo by 130Y ) 

      
          ミアミラウミウシ ( Photo by 130Y ) 

      
            アオクシエラウミウシ 
 
2020年 5月22日(金)「よく凪いでますね」

ポイント:竜串 水温:20℃ 気温:23℃  透明度:10m

 連日潜っているのですが、ログアップがご無沙汰しております。今日は久しぶりに外洋に行きましたけど、透明度は10mぐらいで緑っぽく浮遊物もありましたね。軽い春濁りでしょうか。ただ、それでも水温が20℃と!インナーが少しずつ減らせるようになってドライスーツも楽な時期に突入となりました(^-^)v

       
        潮通しのよい所に現れる。モザイクウミウシ
 
 
 2020年 5月17日(日)「久しぶりのガイド」

ポイント:竜串 水温:20~21℃ 気温:25℃  透明度:10m

 カラッと晴れて気持ち良かったですね。海は普通の透明度でよかったですけど、前線の影響でうねりが残ってました。嬉しい発見は昨秋に入ったハナゴイが立派な成魚になってましたね~。ウミウシもまだまだ多くて楽しい2ダイブでした(^-^)♪

       
         見残し湾シコロサンゴ ( Photo by Haru ) 

      
            ハナゴイ ( Photo by Haru ) 

       
          クロフチウミコチョウ ( Photo by Haru )

       
            ホタテウミヘビ ( Photo by Haru )

       
         トウモンウミコチョウ ( Photo by Haru )
 
 2020年 5月14日(木)「嬉しい作業」

ポイント:竜串  水温:20℃  気温:24℃  透明度:20mオーバー

 数日前に7月18日開館する(予定)新水族館SATOUMIの大水槽での作業依頼があり行ってきました。造形物のクオリティーの高さに感激しました。竜串の陸や海の自然が凝縮されて表現されていて感謝する思いでした。無事に7月に開館して多くの方においでいただきたいですね。
 写真アップはまだお楽しみという事でNGです。こうご期待ください。

       
 
 2020年 5月11日(月)「リフレッシュダイブ」

ポイント:竜串  水温:19~20℃ 気温:26℃  透明度:10m

 週末は時化ましたが、すっかり凪ぎました。透明度は思ったより見えててホッとしましたね。今日はリフレッシュダイブでした。今年は新型コロナウイルスのおかげでダイビングできないでいるダイバー様が大勢です。リフレッシュダイブだらけにならないように、もう少しみんなで我慢でしょうか。

        
     名前が分からないミノウミウシの仲間。砂地を歩いていました。 

        
          ウミテング。休憩中のカップルでした。 
 
 2020年 5月 7日(木)「解放感に満たされ80分」

ポイント:竜串  水温:19~20℃ 気温:23℃  透明度: 9m

 いい天気に恵まれました。今日のポイントは昨日より1から2℃高かったですね。透明度はイマイチでしたけど。
 コケギンポの縄張り争いに出会いました。巣を奪われる結末まで観察しました。ベニゴマリュウグウウミウシか?という小さなウミウシもいました。色々出会いがあって楽しいひと時でした(^-^)♪

        
          キサンゴ科の仲間 ( Photo by Cheechan ) 

        
        ベニゴマリュウグウウミウシ( Photo by Cheechan ) 

        
             コケギンポの縄張り争い 
 
 2020年 5月 6日(水)「こんなGWは2度と嫌だ!」

ポイント:竜串  水温:18~19℃ 気温:23℃  透明度:12m

 春濁りはなくまずまずいい透明度になってます!今日でGWが終了です!高知県は休業要請を明日から解除となりました。営業や生活にまだ要請項目はありますがほっとしました。県外往来はまだ自粛なので皆様がご来店していただくのももう少し先になりますが収束が見えてきたようにも思います。気をゆるまず頑張ります!色々応援や励ましを頂きまして心より感謝いたします。ありがとうございました。

        
              サガミリュウグウウミウシ 

        
               クロフチウミコチョウ
 
 2020年 5月 2日(土)「暑っっ!」

ポイント:竜串  水温:19℃ 気温:22℃  透明度:12m

 水温がまた上がりました。透明度もまずまずですが浮遊物はいっぱいです。GWらしく急に夏みたいに暑くなりました!海に入るまでが暑い!
 臨時休業中ですがログブックを時々アップさせて頂いております。竜串の海と共に皆様がおいでになる日を楽しみにしております。一日でも早いコロナウイルスの収束を願っています。

        
               アマミスズメダイ
 
 
2020年 4月 
2020年 3月 
2020年 2月 
2020年 1月 
2019年1月~2019年12月 
2018年1月~2018年12月 
2017年1月~2017年12月  
2016年1月~2016年12月 
2015年1月~2015年12月 
2014年1月~2014年12月 
2013年1月~2013年12月  
2012年1月~2012年12月 
2011年1月~2011年12月 
2010年1月~2010年12月  
2009年1月~2009年12月 
2008年1月~2008年12月 
2007年1月~2007年12月 
トップページへ 
 
PIRA