ボラの大群好きだなぁ~

2024年 1月 9日(火)

ポイント:ロウコウ 爪白

水温:19~20℃ 透明度:12m

 

2024年のサンゴ保全活動がスタートです!!

透明度もまずまず良くて作業がしやすかったです。

水温も高いです。嬉しいけど、いいのかなぁ~。

ボラの大群が見られる様になりました。初春から見られるイメージですが早くもです。

1匹のボラが大きいからかボラの大群を見るとテンション上がる~♪

 

ボラの大群

 

オニヒトデを探す道中はハマフエフキ20匹ぐらいを引き連れて移動しております。

まぁまぁおりますわ!

2024年 1月 8日(月)

ポイント:日ノ浦 キンメモドキ村

水温:19℃ 透明度:11m

 

朝はキンキンに冷えてましたが、雲一つない気持ちのいい晴れでした。

昨日とは違う穏やかな海でしたね~。こういう海でいつも潜りたいです♪

さて、来月には2024年のウミウシ大会がスタートしますので、ウミウシチェックしてきました。

全集中で探しておりませんが、日ノ浦で12種類、24個体、キンメモドキ村で15種類、29個体いました。

まぁまぁおりますやん!!!

2月4日の第45回ウミウシ大会、エントリーお待ちしております!(お知らせのコーナーで詳細を掲載しております)

 

トウリンミノウミウシ

 

ラベンダーウミウシ

 

キャラメルウミウシ

 

アイリスミノウミウシ

 

 

1週間に1度のペース

2024年 1月 7日(日)

ポイント:ホンバエ キンメモドキ村 フィッシュアイランド

水温:20℃ 透明度:10~12m

 

今日もよく風が吹きました!

12月の中頃から1週間に1回はこの強い風の中、海に出かけてますね。船長さんに感謝!

海の中は穏やかで、水温が高く20℃を保ってます。いいのだろうか。。。

なので、マダラタルミやナンヨウハギはまだ見られてます!

ウミウシの種類数があまり増えない感じがしてます~。明日は凪ぐので外洋で探してみよう!

 

ニジギンポが寄り添いあい

 

ミドリリュウグウウミウシ

 

タルダカラ

 

 

幻のカンナ!

2024年 1月 3日(水)

ポイント:ホンバエ

水温:20℃ 透明度:12m

 

昨日のカンナツノザヤウミウシを撮影したく再度行ってみましたが、

ケヤリムシ自体も無くもちろんカンナも居ませんでした~。残念。

しかも、昨日撮影したカンナの画像もPCやカメラの液晶からは見れるのに、編集やログアップしようとすると、この画像は空です、と言われてしまう。

幻のカンナになってしまいました(T T)

 

 

撃沈して帰っている所にジュッテンイロウミウシが。

よい年を迎えれました

2024年 1月 2日(火)

ポイント:ワレ回廊 ホンバエ キンメモドキ村

水温:19~20℃ 透明度:10~13m

 

今日も穏やかな海でのダイビングでした。

2024年は快晴の凪いだ海に潜れていい年を迎えることができました!!!ありがとうございます。

今日は、久々のカンナツノザヤウミウシや名前の分からないミノウミウシも出てきて、海の中で撮影が忙しく楽しいダイビングでした。

画像提供:( Photo by Jun ) 何もかもがギリギリまで楽しむダイビングを存分にできました!ありがとうございました!!

 

カンナツノザヤウミウシ

 

チゴミノかアカエラミノと思ってましたが。。。

 

ヒオドシユビウミウシ

 

トウモンウミコチョウ

 

あけましておめでとうございます!

2024年 1月 1日(月)

ポイント:ホンバエ 日ノ浦 ユルギイシ

水温:20℃ 透明度:10~15m♪

 

あけましておめでとうございます!

今朝は準備をしていると千尋岬から初日の出が見えました!海もとっても凪いでいて潜り始めは最高にいいコンディションでした。

今年も安全に気をつけて海を楽しんでいきたいです。

初日から元気いっぱい70分越えのダイビング!!今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

画像提供:( Photo by Jun ) 今年も潜り初めをご一緒できて嬉しいです!ありがとうございます。

 

コミドリリュウグウウミウシ

 

ベニツケタテガミカエルウオ

 

キンチャクガニ

 

マダラタルミ

 

コミドリリュウグウウミウシ

 

 

 

 

 

 

統計史上初!暖かい!!

2023年12月31日(日)

ポイント:フィッシュアイランド キンメモドキ村×2

水温:20~21℃ 透明度:12~14m

 

年末年始は気温が10年に一度の暖かさってのはテレビで聞いてましたけど!

水温が21℃には驚きました。

ざっと2007年から昨年までの大晦日の水温を確認してもこれだけ暖かかったのは今日が初です!!!

水温が下がって見なくなった熱帯魚の場所に再度行ってみると、居ました。水温下がると居なくなるのではなくて隠れて冬眠でもしてるんでしょうかね。。。

それはセダカギンポとルリホシスズメダイの事です。

産卵後のミノウミウシを見つけて撮影して、新しく見るウミウシかとワクワクしてましたが、ツルガチゴミノウミウシでした。

産卵後の姿が違うので驚きました。2023年の潜り納めは最後まで何があるか分からないというオチでした。

さぁ!明日はいい凪になりそうだ!!!

よいお年をお迎えください。

 

セダカギンポ

 

ツルガチゴミノウミウシ

 

ボタンウミウサギ 

レアな生き物現れる

2023年12月26日(火)

ポイント:ホンバエ キンメモドキ村 フィッシュアイランド

水温:18~19℃ 透明度:8~15m

 

外洋の深場は透明度がいいですね~。

今日はあまり見られないウミウシなどに会いました。

セトリュウグウウミウシかと思ってましたが、違っていたり、、、

名前の分からないミノウミウシが出たり、、、

ウミウシの部屋入りが2種になりました!!

やっぱり一番はとっても小さいクマドリカエルアンコウですかね!久々みる小ささでした。(お客様が見つけましたよ~)

 

 

クマドリカエルアンコウ

 

クロスジリュウグウウミウシ属の1種

 

ゴシキミノウミウシ属の1種

 

トラフケボリ

 

ヒョウモンダコ

今年最後のオニヒトデ駆除

2023年12月25日(月)

ポイント:ロウコウ 弁天島

水温:18℃ 透明度:14m

 

透明度が昨日より良くなってました!

オニヒトデ作業の時はこの様なコンディションが多い気がします。

2023年の保全活動は本日が最後です。スタートしたばっかりなので、最後を迎えた達成感みたいなのはないんですけどね。

最後は最後です。

今日も小さなウミガメにも会いました。作業をする私に興味を持ちカンパチがずっとついてきてました。

 

カンパチの群れ

 

堂々と存在感たっぷりのミズガメカイメン

クリスマスイヴ

2023年12月24日(日)

ポイント:ホンバエ キンメモドキ村

水温:17~18℃ 透明度:10m

 

寒波も和らいできています!海は大変穏やかでいいクリスマスイヴですね~。

今日もウミウシのリクエスト頂いたので張り切って行ってきました!

今季初のウデフリツノザヤウミウシが出ました!今年も数が少なそうな予感。

ゲスト様が見つけてくれたトウモンウミコチョウも見られました。

更にゲスト様が見つけれてくれたフィコカリス・シムランスの可愛かったですね~。

 

ウデフリツノザヤウミウシ

 

フィコカリス・シムランス

 

ゴシキミノウミウシの仲間